the latest //  案内・作品一覧


author 米 [write]

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)



かなしい王子


(白足立→主:自己犠牲の彼について)

「きみ」は優しい。「きみ」は暖かい。でもとても残酷。
「きみ」は強い。「きみ」は弱い。でもとても自己犠牲気味。
「きみ」は気高い。「きみ」は脆い。まるで童話の幸せの王子だね。

心地良い居場所をあちこちにばら撒いて誰にでも良い顔をして、僕や彼らにきみへの愛しさを覚えさせたのはそっちなのに、一番大事な時には何でもない顔をして辛い筈なのに泣きたい気持ちも全部自分の痛みはひた隠し?

それってとても、

「狡いんじゃないの」



(ねぇひとつ聞かせて)(きみにとって僕や彼らはどんな存在なの?)(ただ今の僕や彼らはきみに必要とされたいだけなのに、きみは彼らにも頼らない僕のところにも墜ちてこない)(きみは一体何処にいるの何処に行くの)(きみは人のことばかり)

きみは、人の幸せばかりを気にして自分の幸せを何処に置いていったんだい。(でも馬鹿な僕らはきみの振り撒いた愛と言う名の優しさにみっともなくしがみつくばかりで)

(きみを救えない)
スポンサーサイト

2008.11.28(Fri)





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。