the latest //  案内・作品一覧


author 米 [write]

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)



turn round and round


(花→主)

(触れたら、壊れそうだ)



茶色掛かった目をそっと眇めながら黒い制服に身を包んだ背中を見つめる。元から授業内容なんて頭に入っちゃない。綺麗な姿勢で綺麗な板書を写す背中。誰か知らないが開けたままの窓から時折入る柔らかな風にふわりと微かに揺れてみせる灰色の髪がちらちらと色白な耳朶を晒して誘うようにすら見える。(あ、色っぽい)なんてぼんやりと無意識の内に考えてしまうなんて最早末期だと割れながら思う。けれど不快ではないのだ。寧ろ好ましいとすら思えるその思考は一歩踏み誤れば浅ましい劣情と隣り合わせであり、すいと慎重に手を伸ばせば届くのに触れられるのにそうしないのは出来ないのは踏み止どまるのは、きっと。

(触れてはいけない)

そんな気が薄々とだがする所為だろうか。くるりと回したシャープの軸を取り損ねて音を立てた反発する机にふと今まで一度たりとも黒板から視線を逸らさなかった双眸が顎を引いて振り向いた時、微かに笑ったのを見て瞬く間に身体が熱くなった。



(手を伸ばして躊躇しても気が付いてくれる優しさに、目眩)
スポンサーサイト

2008.11.27(Thu)





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。