the latest //  案内・作品一覧


author 米 [write]

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--)



救われることを夢見て


(生田目→山野アナ:汝、救いたまえ)

この手に何かが守れるならと思っていた。けれどそれはおこがましいくらいの夢想で実際この手が守り救えたものなど何一つとしてありはしなかった。嗚呼なんと言う愚かしさだろうか。気付けば救いを求めていたのは自分自身であったのに。人を救うことで自分が救われようとしていた、彼女の覚えた痛みを祓おうなど出来る訳もないと、そんな簡単なことにも自分では気付けなかった。自分はもう過ちを犯した後だがその刑に処される覚悟は出来ている。如何様なる処罰も罵倒も受けよう。だからどうか、先立つ彼女がせめて、少しでも、あのもがくような苦しみから解き放たれていたならば。それこそ私の幸いなれ。
スポンサーサイト

2008.11.28(Fri)





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。